いぼは治療できる|クリニックの正しい選び方

三つの代表的な治し方

カウンセリング

最善の方法を選択するべし

いぼ治療の方法は、主に三つあります。一つが、レーザーを使った方法です。この方法は、割とメジャーなものだと言えますね。何よりも治療時間が短くて済みますし、術後の肌の状態も悪化しにくいです。割ときれいな仕上がりになる点も魅力的なので、多くの人に選ばれています。レーザー光線をメス代わりにして、邪魔ないぼを焼き切っていきます。レーザーで切った後は、メスで切った後のように大きく出血をすることがありません。何しろ熱も加えているので、皮膚も焼けて、それが出血を止める役割を果たすからです。出血が少ないので、治療にかかる日数も自然と短くなります。三ヶ月ほどで大きないぼも完全になくせるのは画期的なことです。普通にメスを使う方法なら、さらに時間はかかってしまいます。いぼ治療の二つ目の方法が、液体窒素を使う方法です。これは大昔からある手法で、過去のスタンダードな治療法でした。今ではレーザー治療にその座を奪われていますが、効果的な手法なので消滅はしていません。まだ一部の病院ではこの治療法も使われています。しかし、人によっては、痛みを感じることがあります。なぜなら、患部にマイナス200度近い液体窒素を付着させるからです。液体窒素による低温火傷の作用で患部へアプローチし、いぼを治していきます。医師が慎重に、患部へターゲットを絞って液体窒素を塗っていきますが、それでも痛みを感じることはあります。痛みに弱い人は、その旨を事前に医師へ伝える事が大事です。最後に三つ目の手法として、薬で治すというものがあります。ハトムギの成分に、いぼの治療に役立つものがあると分かっています。これを服用していぼの除去に努めるわけです。この方法なら痛みもありませんし、出血もありません。また、患部に傷が残ることもありません。上手く行けばこれ以上ないぐらいに素晴らしい手法なのですが、すべてのいぼに確実に効果があるとは限らないのが問題です。また、治療期間が長くなることもあります。どの方法を選択するのかは、医師とのカウンセリングで決めていきましょう。費用もそれぞれ違っていますし、アフターケアの方法も違っています。また、どの部位にあるいぼなのか、大きさはどのぐらいなのかによってもベストな治療方法が変わるのは当然のことでしょう。非常に難しい判断を強いられますが、レーザー治療ならほとんどのケースでいい結果を残してくれるので、無難にレーザー治療を選ぶ人が近年多くなっていますね。レーザー治療は保険適応外での治療になることがほとんどなので、事前に費用の相場を把握しておくとよいです。医療機関によっては、費用について記載していることがあるので確認しましょう。

出来物はまず専門医に相談

鏡を見る女性

醜いいぼを治療するには、切除手術を始め、レーザー、注射、そして薬剤という方法があります。いぼというものにはさまざまなタイプがありますから、そのタイプを判断して適切な治療を行うには、やはり評判の専門医に相談することが望ましいのです。

レーザーで除去できる

顔を触る婦人

炭酸ガスレーザーによるいぼの治療は、痛みもほとんどなく、一回の通院で終わります。いぼの大きさや数によって費用は変わりますので、進行する前に受診することがポイントです。レーザーを受けた後は、患部に紫外線を当てないように対策を立てるのが大切です。

除去方法はいくつかある

カウンセリング

いぼの状態に合わせて正しい治療を受ける事が治癒の早道となります。特にウイルス性の場合は注意が必要です。まずは皮膚科を受診してどのようないぼなのか診断してもらいます。その上で適切な治療を選択していきます。

気になる皮膚症状

鏡を見る女性

いぼは完全に予防することは難しく、また前兆もなく突然発生します。いぼの治療には、その種類と大きさ等によりいくつかの選択肢があります。いぼができてしまった場合は皮膚科など専門医に相談し、小さなうちに速やかに治療をすることが効果的といえます。