いぼは治療できる|クリニックの正しい選び方

レーザーで除去できる

顔を触る婦人

痛みのない方法

いぼを治療する方法はいくつかありますが、痛みが少ない方法を実施するのがよいでしょう。美容外科クリニックでは、炭酸ガスレーザーを使用していぼを治療していきます。なお、施術時間は30分程度で終わるので、仕事帰りでも通院できます。顔のいぼに炭酸ガスレーザーを当てる場合は、メイクや汚れを落とすために洗顔してから治療に入ります。その後、炭酸ガスレーザーを当てても痛くならないよう、局所麻酔を打っていきます。麻酔用の針はとても細く、痛みは一瞬です。また、いぼが小さい場合は、局所麻酔ではなく、麻酔クリームを使用することもあります。局所麻酔が効いてきたところで、いぼに炭酸ガスレーザーを当てていきます。レーザーを当てる時間は、数秒から数分で終わってしまいますし、麻酔をしているのでほとんど痛みを感じません。いぼをレーザーで削り取った後は、患部がデリケートになっているため、薬や保護用のテープを貼って治療は完了です。当日の入浴・洗顔はクリニックによっては問題ない場合もありますが、患部はテープで保護したままにしておきましょう。無理にテープを剥がしたり、かさぶたを剥がしたりするのは、傷の経過によくありません。いぼの治療後には、傷の治りをよくする軟膏や保護用のテープが処方されますので、医師の指示に従って自宅でも処置を行いましょう。一般的には、10日前後でかさぶたができて、保護用テープを貼らずに済むことが多いです。しかし、無理にかさぶたを剥がすと、傷跡が残る可能性がありますので気をつけましょう。また、いぼの治療後は、肌が弱い状態になっています。紫外線に患部を当てないように日焼け止めクリームを塗ったり、長袖を着たりして太陽から守るようにしましょう。万一、術後に傷の治りがよくない場合や、痛みが出た場合には、すぐに医師に見せて適切な治療を受けましょう。一般的に、治療の跡は数ヶ月で自然になくなり、目立たなくなっていきます。炭酸ガスレーザーによるいぼの治療費は、いぼの大きさによって変わります。なお、保険適用外になるので、治療の前にどのくらい費用がかかるのか確認しておきましょう。現金払いの他に、医療ローンやクレジットカード払いを受け付けているところもありますので、支払い方法も一緒に確認しておくと安心です。炭酸ガスレーザーによるいぼの治療は、数回通うのではなく、1回の来院で済むため、仕事や予定を毎回調整する必要はありません。万一ウィルス性のいぼだったときは、数が増えてしまう前に早めにクリニックへ行くようにしましょう。いぼの数が増えると、治療費がかさんだり、いぼが大きくなって治りが遅くなってしまったりすることがあるからです。液体窒素の痛みが辛く、通院が苦痛だという人は、一度美容外科クリニックに相談してみるとよいでしょう。